現金一括ではない自動車の購入方法

自動車を購入する場合に現金一括払いで購入されることは滅多になく、
たいていの購入者はローンを組んで自動車を手に入れて、
その後数年かけて融資を受けたところにお金を返済していきます。
自動車の購入目的で組めるローンには大きくわけて2種類があります。
1つ目は、銀行や信用金庫などの金融機関で提供しているローンで
マイカーローンなどと呼ばれることがあります。
マイカーローンはカードローンと比べて、自動車の購入という使徒で限定される分、
低い金利で融資を受けることができ、
中にはインターネット上から申し込んだ場合に通常の申し込みの場合より
低い金利で貸し付けているところもあります。
もう1つは、オートローンやディーラーローンと呼ばれるもので、
ディーラーで自動車の購入手続きをすすめるときに、
ディーラー提携のクレジット会社に申し込んで融資を受けます。
手続きはディーラーの担当者の指示通りに進めていけば良いので楽ですが、
金利は金融機関のローンと比べると高めになっています。
近年は、通常のオートローンの他にも残価設定型クレジットと呼ばれる形式のローンも登場しています。
残価設定型では、3~5年後の購入車の推定下取り価格を残価として設定し、
残価を除いた部分を分割払いしていく方法で、1回あたりの返済額を少なく抑えることができます。
ただし、最終回の返済の際に自動車を買い取るか、
乗り換えるか、返却するかのいずれかを選ぶ必要があり、
買い取る場合は残価を全額支払わなければなりません。
また、乗り換えや返却の場合は残価の支払いは原則不要ですが、
自動車の使用状況によっては残価の一部の支払いを求められることがあるので注意が必要です。