車を運転している人であれば、自分がどんなに気をつけていたとしても、交通事故にあう可能性は十分にあります。交通事故に巻き込まれた場合に考えられるケースの一つに、当て逃げが挙げられます。当て逃げとは、加害者である相手が逃げてしまうというケースです。例えば車を駐車し、用事を済ませている間に、当て逃げされてしまった場合にはどうしようもないでしょう。しかし自分が運転中や停車中など、車内にいる場合に当て逃げされた場合には、相手の車のナンバーをしっかりと覚えておきましょう。急にぶつけられると、自分自身もどうすればよいのかパニックになるケースが多いでしょう。しかしこういう時にこそ冷静になり、相手のナンバーをしっかりと覚えておくことが大切です。覚えておくだけでは、何かの拍子に忘れてしまう可能性が大きいので、すぐにメモを取るようにしましょう。

相手のナンバーさえしっかりと覚えておけば、当て逃げされたとしても、後からいくらでも対処することができます。しかしナンバーがわからなければ、相手を見つけることも難しくなり、そのまま加害者が分からないまま終わってしまうこともあります。相手にしっかりと修理費用を請求するためには、とても大事なことであるといえます。

そして車のナンバーを控えると同時に、車の種類や色などの車の特徴を覚えておくことも大切になります。可能な場合には、運転していた相手の性別や特徴なども覚えておくと、加害者の特定がしやすくなります。
買い物などで駐車場利用し、買い物をしている間に当て逃げされてしまったという場合には、まずは警察に相談をして、捜査をしてもらうよう手続きを行います。手続き行うことで、防犯カメラの映像を調べるなどして、加害者を特定できる可能性が上がるでしょう。