交通事故の慰謝料っていつもらえるもの?

  • HOME »
  • 交通事故の慰謝料っていつもらえるもの?

交通事故は、ある日突然予期しない状況で起こってしまいます。自動車を運転しているとき、助手席に乗っているとき、自転車に乗っているとき、道路を歩いているときなど、さまざまな状況にいるときでも、遭遇してしまう可能性が誰にでもあります。
万が一、交通事故に巻き込まれた場合は、とりあえず落ち着くことが一番大切です。突然交通事故に遭って冷静にいられる方はなかなかいないでしょうが、まずは落ち着くことが一番スムーズに、的確な対応ができます。また、事故の処理や示談交渉を円滑に進める第一歩ともなります。
交通事故に遭った場合の初期対応を、頭に入れておくなど日常生活においても少し意識しておくと、いざというときに迅速な行動をとることができるでしょう。
交通事故のあと、大抵の場合は、加害者と被害者が示談交渉が始まります。一番重重要で慰謝料の金額にも左右されます。被害者が怪我をしている場合は、病院に受診して、警察に届ける必要があります。また、加害者は自分の加入している保険会社に通知して、被害者の状況を伝える必要があります。被害者も保険に加入していれば、通知が必要です。
基本的に、被害者は加害者の自賠責保険を使用して通院することが可能で、自己負担はかかりません。怪我の治療をおこなって、治療が完全に完了したら、示談が開始します。示談交渉が成立すれば、被害者は慰謝料を受け取ることができます。従って、示談が終わり次第、慰謝料がもらえるのです。
被害者は、示談交渉を急いでしまうと、けがの後遺症が残ったりする場合もあるので、完治するまでしっかりと通院を続けることが重要です。また、仕事が忙しくて途中で通院が途切れてしまうとその怪我が交通事故によるものであるのかも疑われてしまうこともあるので、症状が固定するまで通院を続けることが重要です。

PAGETOP