交通事故事例:自動車教習中の事故

  • HOME »
  • 交通事故事例:自動車教習中の事故

 運転免許を取得するために、必ず通わなくてはならない場所が教習所です。教習所では、まず施設の敷地内で一定の教習が行われ、学科の講習も受けることになります。仮免許を取得すると、次の段階として教習所の外に出て、一般道や高速道路を運転しての教習がスタートします。運転手の横の助手席には教官が座り、万が一の時には補助ブレーキなどを使うこともありますが、事故が発生する可能性はあります。教習中の事故はあってはならないことですが、慣れない運転をしていおる生徒が運転をしているので、事故が発生することも少なからずあるでしょう。それではもしも事故を起こしてしまった場合には、その責任は誰が負うことになるのでしょうか。

 意外なことと思うかもしれませんが、路上教習中に交通事故を起こした場合には、同乗している教官ではなく、その責任は運転者にあります。そもそも仮免許とは、運転免許の仮にものというわけではなく、法律で正式に認められている免許のひとつなのです。そのため仮免許だからといって事故を起こした場合に、その責任を逃れたり、同乗している教官が責任を負うということにはならないのです。

 事故そのものの責任は運転者にあることがわかりましたが、教官は生徒の運転に対して細心の注意を払い、指導監督しなければならない立場です。つまり教官が生徒に対して負っている責任ということになります。この責任が果たされていない場合には、教官は債務不履行となり、生徒は教習所や教官に対して、損害賠償請求が行える場合もあります。もし交通事故の被害者になってしまったら、自賠責保険や交通事故に強い被害者側弁護士、損害保険料率算出機構についてはこちら。

PAGETOP