2016年は交通事故の67年ぶりに死者が減少

2017年1月警視庁の発表によれば、2016年、日本全国の交通事故死者数が2015年とくらべ213人(5.2%)減少したとのことです。交通事故というのはその殆どの場合気の緩みから起こってしまうことが多いのです。自動車の性能が上がっても判断をするのは人間なのです。人間は自動車の性能に頼ることなく的確に判断をしなければなりません。

自動車は基本的に四輪のタイヤで走行することになり、自動車も性能があがっても容易に走り出すことはできますが、急ハンドルで曲がったり、急ブレーキで止まるということができません。四輪のタイヤで1トン以上もあるような自動車を急に曲がるようなことや、止まるようなことはできないのです。そのためもし何らかの原因で事故を起こしてしまうというような時には自動車は急に曲がることができす、急に止まることができずに事故に遭ってしまうということになります。その判断をいかにはやくできるかということが人間の判断ということになりますが、その判断が遅くなってしまうと交通事故を起こしてしまうというのが主な理由なのです。

これら事故は自損事故だけでなく加害者になることも被害者になることもあります。いずれの場合も事故には原因があります。事故の原因のそのほとんどが気の緩みなのです。例えば事故が多い国は短調な道が続くようなところなのです。単調な道が続くところはやはり気が緩みやすいということになります。日本で交通事故が多いところは北海道でもあります。ここは直線道路が続くところでもあり、気が緩みやすいところでもあります。交通事故が多いというところにはやはり理由があるのです。そして、このような交通事故の多い日本で重要な役割をするのが、交通事故弁護士です。

弁護士に相談するかが被害者にとって大きな分かれ道になることがあります。加害者と対等にたたかうためには、被害者側専門の交通事故弁護士に相談をしましょう。

交通事故予防 高齢者でもできる対策 (歩行編)

平均寿命が延びて、高齢者の数が増えると気を付けたいのが交通事故に関してです。特に注意が必要なのが健常者であること、若いころにスポーツなどを行っていて、同世代よりも身体能力が高い場合は要注意になります。

どのような理由かというと、身体能力が低下しているという自覚がないことが問題で、例えば若い頃は横断歩道で信号が点滅してもわたりきることができましたが、高齢になると難しくなります。しかしその自覚がない場合、若いころと同じように考えて行動してしまい、事故につながってしまうケースが多いのです。まず気を付けたいのは道を渡るときで、多少遠回りでも信号機や横断歩道があるところを選ぶということです。交通ルールによって信号機はもちろん、横断歩道も歩行者を確認すると自動車は停止して道を譲る義務があります。

また事故になった際も有利になりますし、安全性を考えると少し時間はかかっても安全な道を選びことが大切です。次は信号が変わりそうなときは一回待つことで、若いころと違い身体能力が低下していて、渡りきることが難しくなります。目視できる自動車は待ちますが、バイクなどが後方から追い抜いて事故に遭うケースが増えています。信号が赤になってしまうとそういった危険性が高まりますから、点滅をはじめたらその場で待つことも大事です。大切なのは自分の身体能力の低下を自覚すること、安全な道を選ぶことで、自分の身は自分で守る必要があります。

交通事故予防 高齢者でもできる対策 (運転編)

本格的な高齢化社会を迎えようとしている日本において、高齢者による交通事故予防は重要な対策になってきています。国の取り組んでいる交通安全意識の浸透や自動車そのものの安全性能の向上などにより、交通事故が原因の死者数は年々減少していますが、65歳以上の高齢者が占める割合は年々増加傾向にあります。そこで、今回は、交通事故予防 高齢者でもできる対策について運転面から見ていきたいと思います。近年は、高齢者の方が加害者となるケースも増えてきており、実際に運転する際にもいろいろ気をつけておきたいポイントがいろいろあります。

多くの人が思い浮かべるかもしれませんが、すぐにでもできる対策としては、高齢者運転マークを車に付けることです。高齢者運転マークは、70歳以上のドライバーが運転する車に付けることができます。高齢者運転マークのついた車に対しては、周囲のドライバーは配慮することが義務付けられます。高齢者は、身体機能の低下により、ブレーキ操作などが遅れやすいことを考慮し、早めのライト点灯や安全な速度での運転などを心がけることが大切になります。また、交通安全講習会・運転適性検査などを利用することで、本人の運転能力を客観的に知ることも安全運転をするためにはとても重要になると思います。70歳以上のドライバーさんについては、運転免許更新の際には、「高齢者講習」を受講しなければならないことも最後に、付け加えておきます。

交通事故にあってしまったら

どんなに気をつけても交通事故にあうことはあります。道できちんと法律はもちろん交通ルールを守っていても、後ろからきた車がよそ見をしていてひかれることもあります。というより、多くのケースでそのような被害者にとって理不尽とも言うべき状況で交通事故は起きています。被害者にとっては、突然自分にわるいところは全くないのに大切な時間や健康を失うことになります。

自賠責保険 交通事故に強い弁護士 損害保険料率算出機構

自賠責保険

自賠責保険

交通事故弁護士

交通事故弁護士

損害保険料率算出機構

損害保険料率算出機構

 被害者自身でなかなか客観的にベストな選択は難しい賠償のシステムが日本にはあります。交通事故は加害者は保険にガッチリ守られているのに比べて、被害者は誰も守ってくれません。味方と思える裁判所も素人には訴訟追行が難しいのも現実です。加害者側の保険会社担当者に良い人がいると、つい甘えたくなりますが忘れていけないのは加害者の代理をしているということです。お金を払う側です。その属性は厳然と横たわっています。目をそむけず、厳しい現実に向き合うしかありません。

 その強い味方が交通事故被害者専門の弁護士です。医学的知識も豊富で交通事故賠償のプロと呼べる弁護士がいます。無料相談も実施していますので気軽に利用するのがオススメです。

ブログ

もし当て逃げされてしまったら

車を運転している人であれば、自分がどんなに気をつけていたとしても、交通事故にあう可能性は十分にあります。交通事 …

PAGETOP